【財務諸表が読めるようになる】銀行業務検定 財務3級のススメ

貴重な時間をいただきありがとうございます!

当ブログオーナーのSHUNです。

本日はこの話題をお届けします!

目次

財務3級はビジネスパーソンに向けておすすめの資格!

銀行業務検定ってどういう検定試験なんですか?

銀行だけでなく保険や証券などの金融機関にお勤めの方を対象に、実務的能力の測定・向上を目的として設立された検定試験となります。

<br>

どんなことが学べるんですか?

財務諸表の読み方などビジネスパーソンなら押さえておきたい基礎知識が網羅されております。

財務3級の概要

試験日:年2回(3月と6月)

各回の受験者数は15,000名程度であり、年2回開催の為、毎年30,000名程に受験される大規模な試験です。

※2020年はコロナの影響から3月、6月ともに中止となり、

急遽、10月に特別実施されることとなりました。(リンク:経済法令研究会

                                参照:銀行業務検定協会

財務3級の合格率

                                 参照:銀行業務検定協会

合格率は35%程度で難易度は中級レベルです。

これから受験される方も多くいらっしゃると思いますので、

以下に試験概要と合格のポイントをまとめていきたいと思いますので是非ご活用ください。

財務3級のおすすめテキストは?

「問題解説集」一択!!

「直前整理70」や「公式テキスト」などもおすすめされておりますが、

「問題解説集」を利用し傾向や出題形式に慣れながら実戦形式でインプットをしていく方がはるかに効率的でしょう。

”回答→解説確認→間違った問題の復習”の流れを最低でも3周行えば十分に合格できるレベルに到達するでしょう。

もちろん基礎知識の有無や個人差はあるものの私は全くの素人の段階から2週間ほどみっちり勉強を行い合格することができました。

合否の発表スケジュール

銀行業務検定試験の合否は試験後約4週間後に郵送にて通知されます。

また、試験3日後に正解がホームページ上で発表されます。(リンク:経済法令研究会)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる