プロが教える保険講座!「子供のための」自転車保険

貴重な時間をいただきありがとうございます!

当ブログオーナーのSHUNです。

本日はこの話題をお届けします!

目次

ついにスタート!東京都でも自転車保険加入義務化!

引用:東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例

自転車保険の2つの補償!

自転車保険の補償対象は主に「相手への賠償」と「自分の怪我」の2つです。

「相手への賠償」は「個人賠償」や「賠償責任保険」などと書かれているものが多く、相手のケガと相手のモノへの損害について補償しています。
賠償金額が十分かがポイントです。

「自分のケガ」の補償は「傷害保険」になります。通院・入院日数に対して保険金が支払われるものが多いため、世帯主の方や仕事を休んだときに備えたい人は「傷害保険」が手厚いものを選ぶといいでしょう。

重大事故の場合は治療費に加え、慰謝料も発生し、数千万円の高額補償になる場合があります。
最近の高額賠償事例をみると1億円の賠償がついていれば安心といえそうです。また、自転車事故の場合は当事者同士で話し合いをすることになりますが、示談交渉サービスが付帯されていると、相手との交渉も保険会社が行ってくれるので安心です。

意外と知らないおトクな加入方法!

最近は自転車保険も沢山の種類があり迷いますが、見るべきポイントをいくつかご説明します。

まず、最低限必要なものは「相手への賠償」を考えた「賠償責任保険」です。

冒頭でご紹介した自治体が自転車保険の義務化を定めた条例でも、

自転車利用者、保護者、自転車使用事業者及び自転車貸付業者による自転車損害賠償保険等への加入を義務化

引用:東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例

このような記載となっているため、賠償責任保険で最大いくら支払われるかを確認しておきましょう。

過去の高額賠償事故をみると1億円以上の補償はほしいところ。 高額な賠償請求に備えておくと万が一の際に安心です。

また、自転車事故の場合は当事者同士で話し合いをすることになるので、示談交渉サービスの有無も確認しましょう。

賠償責任保険をおトクに加入する方法はズバリ!

自動車保険や火災保険、傷害保険に特約として追加してあげることです。

公的医療保険制度も充実しているため最低限、相手への賠償さえきちんとした内容となっていれば十分でしょう。無駄な出費は極力カットしましょう!

意外に幅広い補償内容!

  • 飼い犬が通りがかった人を噛んで怪我をさせた!
  • スノボーをしていて人に怪我させた!
  • マンションで洗濯機の排水ホースが外れ、階下に水漏れ!
  • 買い物中に子供が商品にぶつかって壊した!

特に毎日自転車を利用される方や小さなお子さんがいらっしゃるご家庭は

今一度ご加入中の保険を見直していただき「個人賠償責任保険」に加入しているか

チェックしてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる