【クレジットカードの付帯保険はどれも同じ?】人気カードの付帯保険を徹底比較

保険のはなし
悩んでる人
悩んでる人

・海外旅行保険はクレジットカード付帯の保険で十分?

・クレジットカード付帯保険の内容がわからない。。

・どのクレジットカードも付帯保険は同じじゃない?

クレジットカードを作る際や旅行に行く際に自動で付帯されている保険について事前に調べる方は少ないのではないでしょうか。

実はクレジットカードによって付帯されている保険の内容は大きく異なります。

本記事では、マイルの貯まりやすさや限度額などクレジットカードの良し悪しについては一切触れません。

あくまでも、価格.comに掲載されている人気ランキング上位のクレジットカードに「無料で付帯されている保険」についてフォーカスしてその違いについて解説していきたいと思います。

最後までご覧いただければ、皆さまが既にお持ちの、又はこれから発行を考えている人気のクレジットカードに付帯された保険の内容を知ることが出来ます。

是非、クレジットカード選びの一つの基準として参考にしていただければ幸いです。

【価格.com人気カードランキング】第一位 楽天カード

海外旅行傷害保険

保険の種類項目一般カードプレミアムカード
傷害死亡・後遺障害最高額2,000万円5,000万円
傷害治療費用1事故の限度額200万円300万円
疾病治療費用1疾病の限度額200万円300万円
賠償責任(免責なし)1事故の限度額2,000万円3,000万円
救援者費用年間限度額200万円200万円
携行品損害(免責3,000円)年間限度額20万円50万円
利用条件

楽天カードに付帯されている海外旅行保険を利用するためには、

「自宅から出発空港までの交通費」、「海外旅行代金(募集型企画旅行の料金)」のいずれかを楽天カードで決済している必要があります。

異なるカードで旅行代金を決済している場合は最低限、自宅から出発空港までの交通費を楽天カードで決済する必要がありますのでご注意ください。

国内旅行保険

保険の種類項目一般カードプレミアムカード
傷害死亡・後遺障害最高額最高5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術給付金定額最高50万円

お買い物保険(動産総合保険)

保険の種類項目一般カードプレミアムカード
お買い物安心保険(免責3,000円)年間最高額最高300万円
楽天プレミアムカードを利用して購入した商品(1個1組1万円以上)が購入日から 90 日以内に偶
然な事故(破損、盗難、火災等)によって生じた損害に限られます。

【価格.com人気カードランキング】第二位 三井住友カード

海外旅行傷害保険

保険の種類項目一般カードゴールドカード
傷害死亡・後遺障害最高額最高2,000万円最高5,000万円
傷害治療費用1事故の限度額50万円300万円
疾病治療費用1疾病の限度額50万円300万円
賠償責任(免責なし)1事故の限度額2,000万円5,000万円
救援者費用年間限度額100万円500万円
携行品損害(免責3,000円)年間限度額15万円50万円
利用条件

一般カードの全ての補償、ゴールドカードの傷害死亡・後遺障害の一部は下記条件のいずれかを満たした場合補償されます。

  1. 日本出国前に航空機、電車、船舶、タクシー、バスといった公共交通乗用具の利用代金を当該カードでクレジットカード決済をした場合。
  2. 日本出国前に宿泊を伴う募集型企画旅行の旅行代金を当該カードでクレジット決済をした場合。
  3. 日本出国後に公共交通乗用具の利用代金をはじめて当該カードでクレジット決済をした場合。

国内旅行保険

保険の種類項目一般カードゴールドカード
傷害死亡・後遺障害最高額最高5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額2,000円
手術給付金定額最高20万円
海外旅行傷害保険と同様、一定の利用条件がございます。

お買い物保険(動産総合保険)

保険の種類項目一般カードゴールドカード
お買い物安心保険(免責3,000円)年間最高額最高100万円最高300万円
クレジット決済し、購入された商品の破損・盗難による損害を、購入日および購入日の翌日から200日間補償されます。

【価格.com人気カードランキング】第三位 dカード

海外旅行保険

保険の種類項目一般カードゴールドカード
傷害死亡・後遺障害最高額最高10,000万円
傷害治療費用1事故の限度額300万円
疾病治療費用1疾病の限度額300万円
賠償責任(免責なし)1事故の限度額5,000万円
救援者費用年間限度額500万円
携行品損害(免責3,000円)年間限度額50万円
海外航空便遅延費用最高額最高3万円
利用条件

傷害死亡・後遺障害の保険金額については、海外旅行費用をdカード GOLDにて支払った場合の保険金額となります。条件を満たさない場合の保険金額は傷害死亡時5,000万円、傷害後遺障がい時200万円~5,000万円となります。

国内旅行保険

保険の種類項目一般カードゴールドカード
傷害死亡・後遺障害最高額最高5,000万円
入院保険金日額5,000万円
通院保険金日額3,000万円
手術給付金定額最高50万円
乗継遅延による宿泊・食事費用定額2万円
手荷物遅延による衣類・必需品購入費用定額1万円
手荷物紛失による衣類・必需品購入費用定額2万円
出航遅延・欠航による食事費用定額1万円

お買い物保険(動産総合保険)

保険の種類項目一般カードゴールドカード
お買い物安心保険(免責3,000円)年間最高額最高100万円最高300万円
dカード(dカードまたはdカード GOLD)でご購入された商品が、ご購入日を含め90日以内に盗難、破損などの偶然な事故によって損害を被った場合に補償します。

まとめ

クレジットカードに付帯されている保険は「海外旅行傷害保険」、「国内旅行保険」、「お買い物保険(動産総合保険)」の3つに区分されます。

一般カードは「海外旅行傷害保険」、「お買い物保険(動産総合保険)」のみ付帯されているケースが一般的でゴールド以上のカードは「国内旅行保険」も付帯されているケースが多いようです。

海外旅行傷害保険の主な補償
  • 傷害死亡
  • 疾病死亡
  • 後遺障害
  • 治療費用
  • 救援費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 航空機遅延費用
  • 航空機寄託手荷物

請求件数が特に多いのは「治療費用」と「携行品損害」になりますので、海外旅行に頻繁に行く方はクレジットカードを作る際、この2点の補償が充実しているカードを選ぶとよいでしょう。

また、「航空機遅延費用」や「航空機寄託手荷物」についての補償はプラチナ以上のカードまたは航空機系のゴールド以上のカードに付帯されているケースが多いので、用途に応じてこの2点について確認してみてはいかがでしょうか。

今回お伝えしたポイントを押さえて、自分に合ったクレジットカードを使い、安心して海外旅行を楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました